スマホ・デジタル ネット情報 ライフハック 節約

メルペイの使い方 設定は超簡単で便利だった【おサイフケータイ+アンドロイド】

2019/03/21

メルカリの売上金をコンビニなどで使える「メルペイ」のサービスが2019年2月から始まった。

当初は、iPhoneのみだったが、2019年3月にはアンドロイド(android)端末でも利用できるようになった。

早速、設定し、コンビニで使ってみたが超簡単で便利だった。

スポンサーリンク


「メルペイ」は、「電子マネーiD」として支払う

メルペイは、新しい決済サービスだが、コンビニなどでは「電子マネーiD(アイディ」として支払う。

したがって、「電子マネーiD」を搭載できる「おサイフケータイ」対応のスマホでないといけない。

 

設定方法

「メルペイ」は特別なアプリをインストールする必要はない。

メルカリのアプリを最新バージョンにアップデートすると、画面をタップするだけで1~3分で設定ができる。

 


 

右下の「メルペイ」をタップして設定する。


 

 

「おサイフケータイ」のアプリには、「iD」と「メルカリ」が表示される

 

 

 

「売上金」で「ポイント」を購入する

 


 

「メルペイ」を使うためには、売上金で「ポイント」を購入する。これも「ポイントを購入」というボタンを押すだけで簡単に購入できる。

 

 

ポイント履歴


メルカリの売上金2,000円でポイントを購入、コンビニで421円の買物をした。

 


 

 

メルペイのメリット

メルカリの売上金の期限は180日だが、「メルペイ」はポイントを購入するので、期限が365日となる。

メルカリの売上金を銀行口座に振り込んでもらうには1万円未満の場合、手数料210円がかかる。例えば売上金600円の場合、手数料210円が引かれて390円が振り込まれる。

しかし、メルペイなら、売上金600円で600ポイント購入でき、コンビニなどで600円分の買物ができる。



 

「有効期限」は購入後365日ですと表示される。しかし、メルカリのHPでは、「振込申請期限(有効期限)がなくなる」と記載されている。

これは、「メルペイ」に銀行口座を登録すると、「振込申請期限(有効期限)がなくなる」ということのようだ。

メルペイは「銀行口座」を登録することなく利用できる。この場合、ポイントの有効期限が365日ということのようだ。

関連コンテンツ



-スマホ・デジタル, ネット情報, ライフハック 節約

error: Content is protected !!