ライフハック 節約

ランドリン、ルームディフューザー NO.7 どんな香り?持続時間は?


よくCMで流れている「ランドリン ルームディフューザー」を購入したみた。
スポンサーリンク


ディフューザー

「ディフューザー本体」と「詰め替え」の2つの商品がある。

  • 「ディフューザー本体」:ガラス容器、パウチ(香りの液体)、スティック(約800円~900円)
  • 「詰め替え」:パウチ(香りの液体)、スティック(約600円)

香り

さわやかなメンズの香水のような香りで、最初はきついと感じたが、慣れるとそれほどきつい香りではない。

「made in japan」と表示されてました。

 

持続時間

取扱い説明によると、1.5ヵ月~3ヵ月間持続すると書いている。実際には1.5ヵ月~2ヵ月くらいだと思う。

ガラス容器は、開閉量を調整するものがなく、全開状態なので、香りを調整する場合、スティックの本数で加減するしかないと思う。

 

年間コスト

最初に本体は別として、詰め替え(約600円)1袋で1.5ヵ月持続するので、1年間のコストは4,800円となる。

 

無印良品と比較

無印良品の同様の商品「インテリアフレグランスオイル」は、1,000円で持続時間は1ヵ月となっている。

実際に購入したが、1ヵ月でなくなった。年間のコストは1万2000円となる。

ランドリン 無印良品
持続時間 1.5ケ月~3ヵ月 1ヵ月
価格 約600円 1,000円
年間コスト 約4,800円 1万2000円

 

コメント

ランドリンのルームディフューザーは、年間コスト4,800円なので、無印良品の「 インテリアフレグランスオイル」の年間コスト1万2000円の半額以下となるになる。

南の島の高級リゾートの香りとまではいかないが、それなりに「海」を感じられるので、しばらくはリピするつもりです。

関連コンテンツ



-ライフハック 節約

error: Content is protected !!