羽田空港 5本目滑走路検討へ 2030年代運用開始目標

 国土交通省の航空写真に当ブログで「E滑走路予想図」を合成

羽田空港の5本目の滑走路建設に向けて動き出した

2020年の東京オリンピックなど羽田空港の国際線需要は高い。そこで2030年代の運用開始を目標に羽田空港に5本目の滑走路(E滑走路 3,000m)を建設する動きがある。

スポンサーリンク


C滑走路の沖合に平行して5本目の滑走路を作る案が有力

現在、羽田空港には4本の滑走路があるが、C滑走路(3,360m)に平行する形で沖合に5本目となる「E滑走路」を建設する案が有力となっている。

この「E滑走路案」には「セミオープン案」と「オープンパラレル案」の2つがある。

セミオープンパラレル案現行のC滑走路の沖合760m3,000m滑走路を建設する計画で、東京湾の航路の干渉が少なく、最有力。
オープンパラレル案現行のC滑走路の沖合1,310m3,000m滑走路を建設する計画で、処理能力が最大となるが、東京湾の航路との干渉が大きくなるという問題がある。

現在のところ、現行のC滑走路から760mの間隔とする「セミオープンパラレル案」が最有力となっている。

 

羽田空港、成田空港の現在の発着回数

空港名発着回数国際線国内線
羽田空港447,000回90,000回357,000回
国際線(昼)国際線(深夜早朝)
60,000回30,000回

現在、羽田空港の発着回数は年間44万7000回で、成田空港の年間30万回と合わせて首都圏の2空港で年間74万7000回となっている。

 

東京都心ルート2020年運用予定

現在羽田空港へは都心を通過しないルートが設定されているが、都心ルートを利用することで国際線を年間3万9000回増加させる計画ある。

空港名発着回数国際線国内線
羽田空港448,600回129,000回357,000回
国際線(昼)国際線(深夜早朝)
99,000回30,000回

 

羽田空港5本目のE滑走路増設の効果

羽田空港に5本目となるE滑走路を建設することで最大年間13万回の発着回数の増加が見込まれる。

したがって、都心ルート解禁の場合、羽田空港全体で61万6000回(国際線25万9000回)となる。また都心ルートを使用しない場合でも羽田空港全体で57万7000回(国際線22万回)となる。

 

羽田空港と他空港との比較

空港利用者数世界ランキング(2013年)

順位空港名(国名)利用者数(国際線+国内線の合計)
1アトランタ空港(アメリカ)9,443万人
2北京空港(中国)8,371万人
3ヒースロー空港(イギリス)7,236万人
4羽田空港(日本)6,890万人
5シガゴ・オヘア空港(アメリカ)6,677万人
6ロサンゼルス空港(アメリカ)6,666万人
7ドバイ空港(アラブ首長国連邦)6,643万人
8パリ・シャルル・ドゴール空港(フランス)6,205万人
9ダラス・フォートワース空港(アメリカ)6,047万人
10ジャカルタ空港(インドネシア)6,013万人
11香港国際空港(中国)5,958万人
12フランクフルト空港(ドイツ)5,803万人
13チャンギ国際空港(シンガポール)5,372万人
14アムステルダム空港(オランダ)5,257万人
15デンバー空港(アメリカ)5,255万人

成田空港第三滑走路増設

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました