2022年10月 全国最低賃金一覧(47都道府県)「全国加重平均961円(+31円)」すべての県で853円以上

2022年度の最低賃金

2022年8月2日、厚生労働省は第64回中央最低賃金審議会が答申した令和4年度(2022年度)地域別最低賃金額改定の目安を公表した。

2022年10月上旬から全国加重平均の最低賃金時給は現在の時給930円から+31円引上げられ時給961円となる。

東京都で1,072円、神奈川県は1,071円、大阪府は1,023円となる。

全国の都道府県をAランク~Dランクの4つに区分けして、それぞれの地域別最低賃金の引上げ額の目安を公表している。

全国最低は沖縄県や高知県などの時給853円。

ランク都道府県引上げ額の目安
Aランク(6都府県)埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪+31円
Bランク(11府県)茨城、栃木、富山、山梨、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島+31円
Cランク(14道県)北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、徳島、香川、福岡+30円
Dランク(16県)青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分+30円

22道県が上記の目安以上の引き上げを行う。

 

2022年度 北海道・東北の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
北海道2022年10月2日920円(+31円)889円(+28円)
青森県2022年10月5日853円(+31円)822円(+29円)
岩手県2022年10月20日854円(+33円)821円(+28円)
宮城県2022年10月1日883円(+30円)853円(+28円)
秋田県2022年10月1日853円(+31円)822円(+30円)
山形県2022年10月6日854円(+32円)822円(+29円)
福島県2022年10月6日858円(+30円)828円(+28円)

 

2022年度 東京・関東の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
茨城県2022年10月1日911円(+32円)879円(+28円)
栃木県2022年10月1日913円(+31円)882円(+28円)
群馬県2022年10月8日895円(+30円)865円(+28円)
埼玉県2022年10月1日988円(+32円)956円(+28円)
千葉県2022年10月1日984円(+31円)953円(+28円)
東京都2022年10月1日1,072円(+31円)1,041円(+28円)
神奈川県2022年10月1日1,071円(+31円)1,040円(+28円)

 

2022年度 甲信越・北陸の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
新潟県2022年10月1日890円(+31円)859円(+28円)
富山県2022年10月1日908円(+31円)877円(+28円)
石川県2022年10月8日891円(+30円)861円(+28円)
福井県2022年10月2日888円(+30円)858円(+28円)
山梨県2022年10月20日898円(+32円)866円(+28円)
長野県2022年10月1日908円(+31円)877円(+28円)

 

2022年度 中部の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
岐阜県2022年10月1日910円(+30円)880円(+28円)
静岡県2022年10月5日944円(+31円)913円(+28円)
愛知県2022年10月1日986円(+31円)955円(+28円)
三重県2022年10月1日933円(+31円)902円(+28円)

 

2022年度 関西の最低賃金
府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
大阪府2022年10月1日1,023円(+31円)992円(+28円)
兵庫県2022年10月1日960円(+32円)928円(+28円)
京都府2022年10月9日968円(+31円)937円(+28円)
奈良県2022年10月1日896円(+30円)866円(+28円)
和歌山県2022年10月1日889円(+30円)859円(+28円)
滋賀県2022年10月6日927円(+31円)896円(+28円)

 

2022年度 中国の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
鳥取県2022年10月6日854円(+33円)821円(+29円)
島根県2022年10月5日857円(+33円)824円(+32円)
岡山県2022年10月1日892円(+30円)862円(+28円)
広島県2022年10月1日930円(+31円)899円(+28円)
山口県2022年10月13日888円(+31円)857円(+28円)

 

2022年度 四国の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
徳島県2022年10月6日855円(+31円)824円(+28円)
香川県2022年10月1日878円(+30円)848円(+28円)
愛媛県2022年10月5日853円(+32円)821円(+28円)
高知県2022年10月9日853円(+33円)820円(+28円)

 

2022年度 九州・沖縄の最低賃金

都道府県名発効日(予定)2022年(前年比)2021年(前年比)
福岡県2022年10月8日900円(+30円)870円(+28円)
佐賀県2022年10月2日853円(+32円)821円(+29円)
長崎県2022年10月8日853円(+32円)821円(+28円)
熊本県2022年10月1日853円(+32円)821円(+28円)
大分県2022年10月5日854円(+32円)822円(+30円)
宮崎県2022年10月6日853円(+32円)821円(+28円)
鹿児島県2022年10月6日853円(+32円)821円(+28円)
沖縄県2022年10月6日853円(+33円)820円(+28円)

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました