クレジットカード マイル

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのメリット、デメリット

2017/11/08

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

5つの機能が1枚のカードで使える多機能「ANA東急マスターカード」

年会費は初年度無料、2年目から2,160円(税込)だが、「マイペイすリボの登録」と「年一回の利用」で811円(税込)まで下げられる。

しかも、ANA飛行機に搭乗しなくても自動的に毎年1,000マイルが付与される。

スポンサーリンク


5つの機能

このカードの特徴は、「ANAマイル」と「TOKYU POINT」が1枚のカードに貯まること。また、主なカードの機能は以下の通り

  • クレジットカード
  • PASMO(PASMOオートチャージ利用可)
  • 定期券
  • ANAマイルが貯まる
  • TOKYU POINTが貯まる

さらに

  • ANA SKiPも利用できる

追加可能なカード

  • PiTaPa(追加カード)
  • iD(追加カード)
  • ETC(追加カード)

ANA割引

  • ANA機内販売10%OFF(1,000円以上)
  • ANA FESTA10%OFF

 

マイペイすリボ

「マイペイすリボ」はリボ払いの一種だが、翌月すべてを支払うとリボ金利が発生しない。

しかも、リボ払いを限度額と同額に設定すれば、事実上、翌月一括払いとなり、リボ払金利が発生しない。

 

マイルとポイント

このANA東急カードは「ANAマイル」と「TOKYU POINT」の両方のマイル・ポイントを貯めるだけではなく、相互に交換できる。

  • 1,000 TOKYU POINT → 750 ANAマイル
  • 10,000 ANAマイル  → 10,000 TOKYU POINT

 

TOKYU POINTとクレジット利用ポイントの2重取り

TOKYU POINT加盟店でクレジットカードを利用すると、「TOKYU POINT」とクレジットカードポイント「ワールドプレゼントポイント」の2つのポイントが貯まる。

 

TOKYU POINTが貯まる店舗

「東急百貨店」「渋谷ヒカリエ」「ShinQs」では年間お買い上げ金額に応じて「3%~最大10%」のTOKYU POINTが貯まる。

ただし、食品・セール品は一律1%のTOKYU POINTが貯まる。

東急ストア では 200円(税抜)につき1 TOKYU POINTが貯まる。

 

1,000ポイント未満のTOKYU POINTの使い方

1,000 TOKYU POINT以上ならば、750ANAマイルに交換できる。

しかし、1,000 TOKYU POINT未満の場合はANAマイルに交換できないので、その使い方を調べてみた。

 

TOKYU POINTチャージ

10ポイント単位で1ポイント=1円としてPASMOにチャージできる。

PASMOにチャージして、電車に乗ったり、電子マネーに使える。

このポイントチャージは、東急線にある銀色の券売機で行う。

また、Suicaにもチャージできる。

 

TOKYU POINT 加盟店で使う

TOKYU POINT 加盟店(東急百貨店、東急ストアなど)で、1ポイント1円として利用できる。

しかし、最小利用ポイントは加盟店によって違う。

 

東急ハンズで使う

500 TOKYU POINTで、東急ハンスのお買物券500円分に交換できる。

但し、交換できない店舗があるが、全店で利用できる。

また、このお買物券の有効期限は6ヵ月となる。

 

東急百貨店ネットショッピングで使う

1ポイント=1円として、東急百貨店ネットショッピングで使える。また、東急ストアネットスーパー、東急ベルセレクトでも1ポイント=1円で使える。

関連コンテンツ



-クレジットカード, マイル

error: Content is protected !!