スマホデジタル

【AMAZON PRIME DAY】Fire TV Stick を買ってみた【3,480円】

AMAZON PRIME DAY(アマゾンプライムデー)って、意外と買いたいものがない。

そんなに期待はしていないが、前から気になっていた「Fire TV Stick」を買ってみた。

スポンサーリンク



Fire TV stickのサイズと重量

  • 85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm
  • 重量 32.0g

見た目は思ったよりも小さい。玉子1個が約50gなのでそれよりも軽い。

持ち運びできて、友人や帰省先でも見れそうな感じ。もちろんwi-fi接続できる環境が必要となる。

 

「Fire TV stick」と「Fire TV」の違い

  • Fire TV stick は解像度「1080p」、クアッドコア 1.3 GHz 、メモリ1GB
  • Fire TV は解像度「4K Ultra HD」、クアッドコア 1.5 GHz、メモリ2GB

とくに「4K」対応の必要がないなら、「Fire TV stick」で十分だと思う。操作はゲーム機並みに動くので快適。

 

Fire TV stickの設置・接続方法

  1. 本体のHDMI端子をテレビに接続する。
  2. 電源(コンセント)からUSBケーブルで本体に給電する。
  3. 接続するwi-fiを選択して、パスワードをリモコンで入力する。

開封してから5分~10分くらいで接続・設置ができた。

スポンサーリンク


コメント

GYAOも見れるのだが、「GYAO TV見逃し」番組は見れない。これはかなりの予想外だった。

「fire TV」アプリをスマホにインストールするとスマホをリモコンのように使える。しかし、日本語の文字入力に対応していないので、「文字」では番組検索はできない。リモコンと同じく音声検索はできる。

You tubeも観れる。

一番便利だと思ったのが、「GYAO」だった。PCだと画面を一々全画面にする必要があるが、「Fire TV stick」なら全画面のまま連続再生できるので、音楽(PV)を流しっぱなしにできる。

 

TVのように起動する

「Fire TV stick」は電源を切ることができない。20分見ないと自動的に「スリープ」する。

そして、「リモコン」や「スマホのアプリ」の「ホームボタン」を押すと、スリープから瞬間的に復帰してテレビで見れる。

前回の番組を途中で中断した場合は、テレビがついた瞬間その続きが再生される。

 

絶対便利とは言えないが、「買ってよかった」という感じです。

  • 通常価格 4,980円(税込)

AMAZONで買う

Fire TV Stick

関連コンテンツ



-スマホデジタル

error: Content is protected !!