旅行 経済・株式 飛行機・マイル

関西空港、第2ターミナル拡張、2017年1月28日に開業 

2018/01/26

関西空港ターミナル2拡張

関空第2ターミナルは2017年1月28日に拡張し開業した。

新規開業する第2ターミナルは国際線専用となり、従来の第2ターミナルは国内線専用となる。

従来、第3ターミナルと呼ばれてきたが、第2ターミナルの拡張という形にし、ターミナル2国際線の名称を使う。

スポンサーリンク


概要と必要性

関西空港にはターミナル1、T2(LCC用ターミナル)の2つのターミナルビルがあった。

しかし、LCC用のT2の処理能力は年間400万人で、駐機場9スポットはピーチアビエーションだけですでに処理能力を超えていた。

そこで新規にLCC用専用ターミナルが必要になった。

 

規模と配置

T3の規模は年間400万人、スポットは6機に対応する。(小型機なら11機まで対応)

T3ターミナルビルの延床面積床は約33,000平米、T2と向え合わせの位置に整備される。

T3とT2の間にチェックイン施設を設置し、T3は国際線専用、T2は国内線専用ターミナルとする。

料金

T3の施設利用料は決定していないが、T2の施設利用料は国内線出発410円、国内線到着360円、国際線1,540円。

 

T2と合計した場合の整備効果

延床面積T2(30,000平米)+T3(33,000平米)=66,000平米

スポット数 T2(9スポット)+T3(小型機なら11)=20スポット(小型機)

年間利用者 T2(400万人)+T3(400万人)=800万人

中部空港(セントレア)LCCターミナル新設へ

関連コンテンツ



-旅行, 経済・株式, 飛行機・マイル

error: Content is protected !!