飛行機・マイル

エミレーツ航空、窓のない「バーチャル窓」を導入


エイミレーツ航空は、ボーイング777-300ER型機のファーストクラス座席に「バーチャル窓」を採用した。

ファーストクラスなので、1座席につき、窓が3つある。そのうちの中央の窓を「バーチャル窓」とした。

機体の外部に取り付けられた光ファイバーカメラの映像を「バーチャル窓」の映し出す。

バーチャル窓のメリット

現在の飛行機は窓があるため、構造的に補強しなければならず、機体重量が重くなってしまう。

しかし、「バーチャル窓」にすると、機体の強度が上がり、より軽量化できる。その悔過、燃費が改善し、航続距離が長くなる。

デメリット

CAは機体の外を窓から確認できるので、緊急時に適切な誘導ができる。例えば、外部が炎上している場合、炎上していない側へ避難誘導できる。

したがって、完全に窓をなくすのは、技術的には難しいと思うが、かなりの数の窓を削減できるのではないか?

関連コンテンツ



-飛行機・マイル

error: Content is protected !!