旅行 沖縄

【沖縄お城ランキング】琉球王国の グスク及び関連遺産群

2018/01/04

「琉球王国の グスク及び関連遺産群」は2000年に世界遺産登録された。その中で城郭遺跡は5つ。

遺跡名 所在地
今帰仁城跡(なきじんぐすく) 国頭郡今帰仁村
勝連城跡(かつれんじょう・ぐすく) うるま市
中城跡(なかぐずく) 中城村
座喜味城跡(ざきみぐすく) 読谷村
首里城跡(しゅりじょう) 那覇市

スポンサーリンク


1位 中城跡

5つの世界遺産登録城跡の中で一番保存状態がいい。幕末にペリーも探検したという。

 

2位 勝蓮城跡

写真で見ると高さが感じられないが、高台(山)に築城されているので、実際に行くと登り坂はかなりの急坂で、攻めにくい城だったと思われる。

 

3位 首里城跡

那覇市にある首里城。毎朝、8時25分~8時45分に開門の儀「御開門式」(うけーじょー)が行われており、無料で観覧できる。

 

4位 座喜味城跡

観光客も少なく、のんびりした感じで、雰囲気がいい。

 

5位 今帰仁城跡

沖縄県北部本部町の「美ら海水族館」から車で15分くらいと近い。残念ながら保存状態があまりよくない。

南北350m×東西800m、面積37,000平米で県内最大級の城(グスク)。

今後、復元工事が進むと、より魅力的になるかもしれない。

毎年1月~2月にカンヒザクラが咲くことで有名。

関連コンテンツ



-旅行, 沖縄

error: Content is protected !!