【JAL 日本航空】 普通席に「幼児2名連れ優先座席」を設定

777-300型機シートマップ(前方)

 

JALの座席指定画面を見ると、見慣れない「幼」の文字が目についた。

「幼児連れの方」が座席指定していると「幼児マーク」

が表示される。

しかし、「幼」の文字表示はそれとは少し違う。JALのHPでは「幼児2名連れ優先座席」と記載されている。

 

幼児2名連れ優先座席とは?

3歳未満のお子様2名同伴で隣席を希望する場合に「幼児2名連れ優先座席」を指定してくださいということらしい。

「座席を使用しない幼児を2名連れ」とは、「幼児2名+大人2名」で隣り合った2座席を使用するという意味だと思う。

 

酸素マスクの数

飛行機の座席は横に3席か4席が多いが、緊急時に使用する酸素マスクは、座席数+1個しかない。

例えば4人座席の場合は、4+1=5個しかない。そこに幼児が2名座ると乗客は大人4人+幼児2名=6名だが、酸素マスクは5個しかなく1個足りない。

そのため、通常は「幼児2名+大人2名」が隣席に座ることはできない。

解決策として「幼児2名連れ優先座席」は通常より酸素マスクの数を多く設置していると思われる。

例えば4人座席の場合、通常、酸素マスクは4座席分+1個=5個だが、「幼児2名連れ優先座席」は酸素マスクを「大人4名+幼児4名」の8個設置していると思われる。

 

「幼児2名連れ優先座席」を一般客が予約できるか?

JALのHPでは、「幼児2名連れでないお客さまもご利用いただくことが可能です。」と記載されている。

 

777-300型機シートマップ(後方)

 

「幼児2名連れ」優先座席番号

777-300型機

24D・24E・24F・24G
30D・30E・30F・30G
44D・44E・44F・44G
54A・54C・54H・54K

 

子連れ旅行者にお勧めの座席

飛行機の前方座席はビジネスマンが多く、機内で仕事をしたり寝ている人が多いので子供が泣くと気まずくなることがある。

一方、後方座席は団体観光客が多く賑やかな感じなので、多少子供が泣いても「お互い様」という感じがする。

また、飛行機の最後尾にはトイレが設置されることが多い。

したがって、子連れの場合は後方座席がお勧めです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました