旅行 沖縄

【2018年8月】ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄、2018年8月新規開業予定

2018/02/14

現場写真(2017年3月)

「ハイアットリージェンシー瀬良垣(せらがき)アイランド沖縄」は、東急不動産、NTT都市開発、ミリアルリゾートホテルズ(千葉県)の3社が共同出資会社を設立し、2018年8月に開業する。

また、2018年2月から宿泊予約を受け付ける予定。
スポンサーリンク


ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄 物件概要

面積は4万平米、客室は340室で、3棟で構成され総工費は250億円。

  • 名称  ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄
  • 所在地 沖縄県国頭郡恩納村宇瀬良垣都田原1108番外
  • 規模  鉄筋コンクリート造、地上7F(ホテル棟 瀬良垣島内)、地上2F(レストラン宴会棟 瀬良垣島内),地上3F(長期滞在用20室 本島側)
  • 面積  合計38,000平米(瀬良垣島内31,400平米、本島側6,800平米)
  • 客室数 340室

参考リンク

http://www.tokyu-land.co.jp/news/2016/000612.html

 

2017年3月撮影

工事現場では大きなクレーンが稼働しており、建物の基礎工事が始まっていると思われる。

 

2016年11月撮影

 

すでに土地整地工事が始まっており、多くの重機が稼働していた。場所は、沖縄県恩納村の国道58号線沿いの瀬良垣(せらがき)ビーチで、位置的には、万座毛と御菓子御殿恩納店の中間くらい。

瀬良垣(せらがき)には7階建のホテルを建設し、本島側に低層の2棟を建設する。現地の海は綺麗で交通アクセスも那覇空港から約1時間と比較的いい。

 

JR九州ホテルブラッサム那覇

2017年6月24日開業、那覇市内国際通り近く、沖映通り沿いに建設中。土地と建物はオリオンビールが所有し、JR九州ホテルズが運営する。13階建、客室数は218室。

一休「JR九州ホテルブラッサム那覇」

 

ヒルトン沖縄金武(仮称)

 

2011年に返還された金武町のキンバル訓練場跡地に、マレーシアの不動産開発会社が建設し、ヒルトンホテルが運営する予定。

ホテルの敷地面積は16万平米で、地上9階建、190室のリゾートホテルとなる予定。当初は2016年開業予定だったが、延期となっている。

開業年 沖縄県内のヒルトンホテル
2012年 ダブルツリーbyヒルトン那覇
2014年 ヒルトン沖縄北谷リゾート
2016年 ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
ヒルトン沖縄金武(仮名)

 

東急リバブル、名護市にリゾートホテル

東急リバブルは、名護市安部にリゾートホテルを建設し、2019年に開業する予定。建設費は220億円~230億円で、敷地面積約11万平米、客室数は238室、うちヴィラタイプ103棟、ホテル2棟(135室)となる予定。

 

星野リゾート、読谷村にヴィラタイプホテル

星野リゾートは、沖縄県読谷村のホテル日航アリビラ近くに、ヴィラタイプ100戸のリゾートホテルを建設する予定.

開業は2019年を目標としている。

沖縄県読谷村の風景

 

マリオットリゾート&スパ イシガキジマ

マリオット・インターナショナルは石垣島最大級のリゾートホテルを建設する予定。客室は約360室で2019年開業予定。川平湾の近くで敷地面積は約8万平米、建設費は280億円。

沖縄県、新規開業ホテル2016年~2017年

関連コンテンツ



-旅行, 沖縄

error: Content is protected !!