交通 沖縄

【2018/4】沖縄モノレール延伸、建設現場写真を撮影【2019/2竣工】

2018/05/20

出典 沖縄県

2019年2月、沖縄都市モノレール(ゆいレール)は首里駅(写真 左下)から北東側に4.1km(4駅)が延伸される。2018年4月に建設地を撮影した。

新設される駅名(首里駅から)

  • 石嶺駅
  • 経塚駅
  • 浦添前田駅
  • てだこ浦西駅(終点・沖縄道と接続)

スポンサーリンク


沖縄モノレール「首里駅」、ここから4駅(4.1km)延長される。

「首里駅」を出ると、左折し、北上する。すでに軌道も敷設されている。

その後は、直線が続く。この辺りもほぼ完成している。

「石嶺駅」の駅舎を建設している。

小高い丘陵をモノレールを建設している。この辺りが那覇市と浦添市の境になる。側道がないので、左折し、一時的に画路線を迂回する。

数百メートル迂回した後、再び「モノレール」と合流する。奥に建設されているのが「経塚駅」

「経塚駅」を通過すると「前田トンネル」に入る。モノレールの軌道は上空を通過している。

前田トンネルを通過すると、再びモノレールと道路が合流する。

浦添前田駅付近では軌道はすでに敷設されており、駅舎を建設している。

「浦添前田駅」を通過すると、モノレールの軌道が低くなり、地下トンネル(長さ約600m)に入る。

終点となる「てだこ浦西駅」付近、中央の橋は、「モノレール」と平行して建設されている県道「浦添西原線」と思われる。

「モノレール」は、写真の橋と平行に道路の地下に建設されている。

「てだこ浦西駅」は「沖縄道」との乗り換えポイントとなるので、駅前に「パーク&ライド駐車場」が建設され、それに伴い道路も建設されているのでかなり複雑な構造になる。

出典 浦添市

左が「パーク&ライド駐車場」、中央がモノレール、右が県道「浦添西原線」

関連コンテンツ



-交通, 沖縄

error: Content is protected !!