グルメ

【カイザー飯】沖縄国際通り「やっぱりステーキ」1,000円

2017/06/17

【カイザー飯】沖縄国際通り「やっぱりステーキ」1,000円

【カイザー飯】がネットで話題になっているようで、アクセス殺到、なんと2アクセス/day。

で、第2弾の【カイザー飯】は、今、話題の沖縄ステーキ店「やっぱりステーキ」。

ガイドブックやテレビでも紹介されているらしいが、【カイザー飯】は、そんな情報で行くのではない。

【カイザー飯】は、下調べしないで行く。それが【カイザー飯】。

沖縄の国際通りでランチを食べようと店を探していると、信号待ちでOLさん4~5人と上司らしい男性1人が前にいた。しかも、OLさんは小さいめ財布かポーチみたいなものを持っている。

これは地元のOLさんが上司とランチに行くのだと思った。すると、そのOLさんたちが、国際通りのある店に入っていった。

それが「やっぱりステーキ」だった。

ビルの2階にある店で、知らないと入れないような感じ。まさに【カイザー飯】にふさわしい佇まい。

ステーキ200g 1,000円

まず、自動券売機で食券を買う。おすすめは200gステーキと書いている。

【カイザー】の日常生活は、多くの部下や召使がやってくれる。自分で食券を買うという行為自体が非日常でまさに【カイザー】なのだ。

ステーキ200gにご飯(白米と黒米?の2種類)、サラダ(キャベツの千切り)、スープがついて1,000円なのだ。

ステーキは、博多のラーメンの替玉のように、「替え肉(500円)」を追加で注文できる。もちろん、食券を買うのだ。

この値段から考えて、多分、外国産肉だろうと思われる。しかし、思ったよりも柔らかい。そこで、店員さんに「この肉の柔らかいですね」と言うと、「ミスジ肉」ですと教えてくれた。

「ミスジ肉」とは、牛の肩甲骨の下の部位で1頭から少しかとれないらしい。

写真写りが悪い。だいたいインスタに綺麗な料理の写真載せるには、料理が来てから2~3分、何枚も撮影しているのだろう。

【カイザー飯】ではそんな小細工はしない。一発撮影。これが【カイザー飯】だ。

手前の白い器の明るさに露出が調整されたので、ステーキとその下にある「富士溶岩石」が暗く写っただけだ。

たれは「わさび」と「特製オニオンソース」がおすすめ。

営業時間AM10:00~深夜AM3:00(店舗によって違う)

深夜も多分同じ値段と思われる。

「やっぱりステーキ 4th 国際通り店」

4thっていいよね、【カイザー4世】みたいで、ネーミングもやっぱり【カイザー飯】でした。

  • あしびなー(沖縄アウトレットモール)に「やっぱりステーキ5th」が2017年3月に開店。

スポンサーリンク



-グルメ

error: Content is protected !!