グルメ 旅行

北海道の海鮮グルメはまずい【本土の観光客としての感想】

北海道って「海鮮が美味しい」ってイメージがあるし、本土の高級寿司屋で食べた塩水のまま輸送されたミョウバン無添加の「利尻うに」(蝦夷馬糞ウニ)って最高に美味しい。

しかし、実際に観光客が北海道(札幌)に行っても美味しい海鮮なんて食べれない。

北海道は広いから、札幌から根室までは450kmある。トラック輸送なら6時間以上かる。

札幌の寿司屋で根室港直送と宣伝しているが、根室は450kmも先の土地だ。

札幌の近くの港町と言えば小樽。

北海道、港町とくれば「絶対美味しい」と思うだろうが小樽港は「貨物港」なのだ。

もちろん漁港もあるが冷凍スケソウダラを水揚げする漁港だ。

小樽寿司を1万円以上で何度か食べたが、どうにも口に合わない。北海道の寿司屋は「赤酢」を使っているので、シャリが甘すぎるように思うし、ネタがどうにも美味しくない。

本土の人間と北海道の人間の味覚が違うのかもしれない。

 

うに

小樽より先に行って「うに」の有名なところに行った。

地元の人間があまりいかないきれいなレストランだったが、値段が高いだけで美味しい「うに丼」が食べれると思った。

しかし、出てきた「うに丼」の「うに」は冷凍を解凍したもので、当然まずかった。

いくら観光客だからと言って、これほど馬鹿にしたレストランはない。

結局、「すすきの」の高級店以外はほとんど行ったが美味しい海鮮は食べれなかった。

ラーメンもコーンとバターをトッピングして1,200円だが、カップラーメン程度の味だった。

観光客向けのレストランは全滅だったので、地元の人間が行列するビルの地下の「フルーツサンド」の店も行ったが、こちらも本土の高級スーパーで売っているサンドイッチの方が美味しい。

 

ジンギスカン

地元のOLさんが行く店を探したら、ビジネス街の地下のジンギスカン屋があった。700円という値段だったが、これは美味しかった。

しかし、札幌は分煙が進んでいないので、どうにも居酒屋風になってしまう。

観光客用のジンギスカンの店は、2,500円~3,000円で不味かった。

 

老舗ホテルのレストラン

札幌の老舗ホテルのレストランは、なかなか美味しかった。しかし、地元の人間にとっては親戚一同や同窓会で年に1回、2回いくようなところなので、団体客が多くうるさい。

 

まとめ

北海道には美味しい海鮮はあるが、観光客が行っても美味しい料理は食べれない。

北海道は本土と味覚が違うのかもしれない。

実際、北海道の「赤飯」は「甘納豆」が入っている。寒いから「甘い」味付が好きなのかもしれない。

北海道で美味しい海鮮なんてテレビでやっているが、どうにも信用できない。

小樽寿司が美味しいって何十年も視聴者をだましてきたのはテレビだ。

ある北海道の市場でお店の人と話していたら、本当は「毛ガニ」の方が美味しいけど観光客には見栄えのいい「タラバガニ」を勧めていると言っていた。

北海道の「カニ」もロシア産のことが多いから、本土で食べるのと大差ない場合もある。

北海道の美味しい食材は本土の方に運ばれることが多いのかもしれない。

北海道で美味しいレストランを探すのは時間の無駄だ。

ススキノの1人2万円以上の店ならおいしいかもしれないが、札幌の全体的な料理のレベルが低いので行く気もしない。

観光客用のレストランは高くてまずいのは常識。

その土地の食事のレベルはそこに暮らす住民のレベルで決まる。北海道の住民が食べるのは700円くらいのジンギスカン。

2,000円~5,000円の観光客用のレストランよりも700円くらいの地下の店の方が美味しい。

最近ではスープカレーが人気らしい。

北海道の場合、家賃の安い地下、2階の店の方が安くて美味しいことがある。

関連コンテンツ



-グルメ, 旅行

error: Content is protected !!