「超広角レンズ」を使うなら、Z50を買うべきかα6400を買うべきか?


パナソニックLEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm(F2.8-4.0)

最近はスマホにも超広角レンズが採用され、そこからステップアップする人が増加するかもしれない。

しかし、まだまだ需要は少なく、いいカメラだと思っても「超広角レンズ」の設定がない機種も多い。

最近、気になっているミラーレス一眼の「ニコンZ50」と「ソニーα6400」を超広角レンズを使う前提で比較してみた。

 

ソニーα6400
  • ソニーα6400には「SEL1018」(約7万円)という超広角レンズが装着できる。
  • 35mm換算で「15mm~24mm」なので超広角レンズとしてよさそうだ。
  • ソニーα6400にはボディ内手ぶれ補正が無いが、「SEL1018」はレンズ内手ぶれ補正がついているので、ソニーα6400との組み合わせで「手ぶれ補正」が使える。

これで、解決と思ったが、youtubeを見ると「ソニーα6400+SEL1018」で街歩き撮影する人の多くは「ジンバル(安定器)」を使用している。やはり、レンズ内手ぶれ補正だけでは、歩き撮影はちょっとぶれるようだ。

  • α6600にボディ内手ぶれ補正があるが、あまり効果がよくないようだ。

 

ニコンZ50

ニコンZ50は、新しい「Zマウント」を採用しているので、基本的にレンズが少ない。

超広角レンズは「NIKKOR Z 14-30mm f/4S」(約15万円)くらいしかないが、フルサイズ用のレンズなのでAPS-CのZ50に装着すると焦点距離が1.5倍「21mm~45mm」になり、超広角とは言えなくなる。

ニコンZ50のキットレンズは「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3VR」で35mm換算「24mm~75mm」になるので、やはり超広角には物足りない。

マウントアダプター使用

Z50に「FTZ 」マウントアダプターを装着すると「AF-P DX 10-20mm f/4.5-5.6G VR」(35mm換算で15mm-30mm)の超広角レンズを使用できるが、「FTZ 」マウントアダプターの重量は135gなのでやや重たくなる。

折角、軽いミラーレス一眼なのに、わざわざ重たくするのもどうかと思う。

 

フジノンレンズ XF10-24mm F4 R OIS

富士フイルムXマウント用レンズで35mm換算(15mm~36mm)となる。

実勢価格は約9万円だが、2020年9月27日購入分まで3万円がキャッシュバックされて実質6万円になる。

 

まとめ

写真撮影だけなら、「ソニーα6400+SEL1018」でいいと思う。しかし、歩き動画も撮影するなら「ジンバル」が必要になり装備が重たくなる。

Z50は、「FTZ 」マウントアダプターを装着すれば「AF-P DX 10-20mm f/4.5-5.6G VR」を使用できるが、「FTZ 」マウントアダプターの分だけ135g重くなる。

現状としては「ニコンZ50」用の超広角レンズが発売されるまで、様子見がいいかもしれない。

また、「フジノンレンズ XF10-24mm F4 R OIS」と「X-T30」と組み合わせるといいかもしれない。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました