旅行 沖縄

【2018年】沖縄 瀬長島「ウミカジテラス」 に行ってきた 口コミ情報

ウミカジテラスは那覇空港から車で15分の瀬長島の斜面にテラス状に建設された商業施設で、2015年7月に開業した。

建物の色は白を基調とし、地中海のような街並み。

レストラン、ジュエリーショップ、工芸品や雑貨の店がある。また、瀬長島は那覇空港への着陸離陸機を見れるスポットで有名。

航空ファンも楽しめるフライトシミュレーターが体験できる「トライエア」は2016年11月に「豊崎ライフスタイルセンターTOMITON2階」に移転した。

スポンサーリンク



白を基調とした街並みが美しい。人気スポットになるかもしれない。

しかし、3階まで10m程度の高さがあるが、エスカレーターやエレベータはなく、階段で上るしかない。

周辺には、ビーチやバーベキューエリアもあるが、道路を渡る必要がある。

2015年に開業した当初は周辺道路に電柱があったが、2018年現在、電柱は地中化されていた。

沖縄の冬は気温15~20度くらいなので、オープンテラスでも楽しめるかもしれない。ただ沖縄の冬は風が風速5m以上と比較的強いのでそれはそれで心配だが。

4月は気温が20~25℃になるので、オープンテラスは気持ちよさそうだ。

夏の日中は暑いので、パラソルのある店を選んだ方がいいかも。

大規模なショッピングモールは大手のチェーン店が多い。

しかし、ここは本土でではあまり知られていない店が多い。

自分だけのお気に入りの店に出会えるかもしれない。

 

スポンサーリンク


アクセス

那覇空港から車で15分だが、夏休みなどは渋滞して30分~1時間かかることもある。

ウミカジテラス前に道路に駐車している車が多いので注意が必要。

2017年5月1日より、瀬長島内の外周道路は一部「一方通行」(時計回り)になった。

瀬長島内に入って右折すると、駐車場に行けるが、そこからウミカジテラスまでは200m~300m歩く必要がある。

駐車場の先にUターンする場所がある。

 

無料シャトルバス

  • モノレール赤嶺駅から毎時1往復~2往復
  • パレットくもじ前(モノレール県庁前)から毎時1往復~2往復。

専用駐車場ではないと思われるが瀬長島内には駐車場が数か所ある。しかし、そこからは200~300m歩く必要がある。

 

関連コンテンツ



-旅行, 沖縄

error: Content is protected !!