2022年(4~6月)決算、楽天モバイルは大丈夫か? 契約者22万人減少

楽天モバイルは2022年7月から0円プランを廃止し、最低料金を月額1,078円に引き上げた。

これにより、2022年4月の加入者数は500万人は、2022年6月末現在で22万人減少し、477万人となった。

そこで、2022年4月~6月の決算を分析します。

楽天2022年4月~6月決算

セグメント売上高収益
楽天市場など2600億円215億円
カード事業など金融1627億円265億円
携帯事業846億円-1243億円
その他-508億円-28億円
合計4565億円
  • Non-GAAP 営業利益 -791億円
  • IFRS 営業利益    -845億円

 

2022年4月~6月の4半期決算では、約800億円~850億円の赤字となっている。

年間に換算すると約3200億円~3400億円という巨額赤字になる。

しかし、携帯事業以外は順調なので、携帯事業の赤字幅が縮小すれば、楽天全体の業績も回復する可能性がある。

 

既存ユーザーは2022年8月まで無料

楽天モバイルの既存利用者の場合、2022年7月~8月は1GBまで無料、2022年9月~10月は1GBまで1,078円相当の楽天ポイントが付与され実質無料となる。

したがって、2022年8月以降に解約者が急増する可能性がある。

 

楽天ポイント増量

楽天モバイル契約者が楽天市場で買い物すると通常+1倍(%)のSPUポイントが付与されるが、キャンペーンで、ダイヤモンド会員は+2%、ダイヤモンド会員以外は+1%が特別に付与される。

したがって、楽天カードなどの付与分も合計すれば、月額2万円~3万円を楽天市場で買物すれば1000ポイント以上が付与されるので、楽天モバイルの利用料1,078円は実質無料となる。

 

1200万人が目標

東京都の楽天モバイル加入率は9.4%なので、全国で加入者が9.4%になれば、合計の加入者は1200万人になると楽天では予想している。

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました