旅行 沖縄 飛行機・マイル

沖縄ツアー旅行 何曜日出発が安いか?

2018/05/19

ツアー料金は1日違っただけで、1万円~3万円も値段が違うことがある。

では、沖縄旅行は何曜日出発が安いのか?

結論から言う、日曜日出発のツアーが安い、特に日曜日の午後出発便が安い。

日曜日出発の飛行機は利用者も少なく、沖縄でのホテル料金も土曜日が高く、日曜日は安くなるから、日曜出発のツアー料金は安くなる。

スポンサーリンク


日曜日出発は団体旅行客が増加

団塊世代が退職になり、曜日に関係なく旅行する人が多くなった。彼らは料金の高い土曜日出発を避け、日曜日出発のツアーを利用するようになった。

沖縄ツアーの3月の平均的料金のイメージは

土曜日出発 2泊3日 44,800円
日曜日出発 2泊3日 39,800円

 

いっしょにマイル割、特典航空券は日曜日は取りにくくなった

日曜日出発の「いっしょにマイル割」、「マイル特典航空券」は時間帯のいい便だと、午前9:30分の予約受付直後に座席がなくなる感じ。

むしろ、土曜日出発の方が「いっしょにマイル割」、「マイル特典航空券」は取り易い。なぜかというと、土曜日のホテル代は平日の1.5倍~2倍になっていることがあるからだ。

飛行機代+ホテル代の合計では、土曜日出発は、日曜日出発よりも数千円は高くなる。そのため、日曜出発の航空券は取りにくくなっている。

また沖縄の特有の事情として、LCCなどが就航し全体的に沖縄ツアーが人気となり、ホテル代は最近、1~2割程度、上昇している。そのため、ホテルのバーゲンセールなどが少なくなった。

 

平日出発は修学旅行が多い

平日の月曜日、火曜出発は修学旅行が多い。というのは沖縄への修学旅行は2泊や3泊が多く、木曜日、金曜日出発だと帰りが土日になってしまうからだ。

修学旅行生は、後部座席にまとまって座席指定することが多い。400座席~500座席のボーイング777でも200人~300人の修学旅行と重なると、指定できる座席の範囲が限られる。

 

まとめ&補足

日曜日出発は、団塊リタイア世代のツアー客が多く、特典航空券が取りにくい。

むしろ土曜日出発の特典航空券の方が取りやすい。ただし、土曜日宿泊のホテル料金が高くなる。

また、平日は修学旅行と重なることが多い。ねらい目としては、修学旅行の少ない時期の4月の平日だろう。

那覇空港の月別利用者数を見ると3月は多くなるが、4月~6月は少ないことがわかる。

 

出発月別沖縄ツアー

1月~2月 全体的に安い
3月 春休みになるのでやや値段が上昇
4月上旬 まだ春休みでやや値段が高い
4月中旬 修学旅行がはじまる
GW(4月末~5月) 当然高い、オフシーズンの2~3倍の料金
5月 沖縄は梅雨に入る
6月 料金は多少高くなるが、6月20日には梅雨明けする
7月上旬 梅雨明けして快晴が多い、値段も極端には高くない。修学旅行が少ない。
7月中旬 ハイシーズンに入る、ホテル代はオフシーズンの2倍~3倍

 

那覇空港月別利用者数(万人)2015年(平成27年)

国内線 国際線 合計
1 121万人 14万人 135万人
2 118万人 15 133
3 148万人 15 164
4 127万人 17 145
5 123万人 18 142
6 116万人 21 137
7 138万人 21 159
8 160万人 23 183
9 147万人 22 169
10 140万人 22 163
11 131万人 18 150
12 121万人 19 141
 合計 1594万人 231万人 1825万人

各月とも国内線だけで月間100万人以上となってる。ただし、1人が往復すると空港を到着と出発の2回利用するので空港利用者としては2人としてカウントされている。

4月~6月はやや人数が少ない。5月~6月は沖縄は梅雨入りするためだ。秋は10月まで観光客は多く、11月になってやっと観光客が減少する。

関連コンテンツ



-旅行, 沖縄, 飛行機・マイル

error: Content is protected !!