旅行 沖縄

那覇ウエストイン 宿泊日記 沖縄、旭橋駅徒歩圏だが、ホテルとちょっと違う

2017/11/09

ワンルームマンションのような建物

那覇ウエストインは本館新館に分かれている。

  • 本館(中央棟)は2008年開業の10階建で洗濯機があり長期滞在向き
  • 本館(西棟)は2011年開業で、短期ステイ向け(旧、新館)
  • 新館(東棟)は2017年開業したホテルタイプ(90室)

本館(西棟)に行く場合も本館(中央棟)のエレベーターを使用し、エレベーターを降りて、渡り廊下(外廊下)で本館(西棟)に行く。

スポンサーリンク


本館(西棟)の客室

ツインルーム 24平米 46型液晶テレビ

ユニットバスで、トイレは別になっている。

セグレタのシャンプー&リンスがあった。

 

アクセス&交通

那覇空港からタクシーで10~15分、1,200円程度。

モノレール旭橋駅から徒歩7分。

旭橋駅から徒歩圏で、荷物が少ない場合は徒歩でも問題ないと思う。

しかし、スーツケースが大きい場合は、歩道の段差などがあり、苦労するかもしれない。

 

周辺

ホテルの徒歩圏にコンビニやレストランがいくつかあるので便利。ステーキで有名な「ジャッキーステーキハウス」、女性に人気のカフェ「キッチンヒバーチ」がある。

また、一回外にでる形になるが、ホテルと同じ建物内の2Fに「炊肉の店 牛ちゃん」(鍋で肉を炊く)がある。

 

まとめ&補足

連泊の場合、部屋の掃除は希望すれば別料金でやってくれる。ゴミはチェックアウト時に自分で1階のゴミ捨て場に持っていく。(分別の必要はない)

支払いはチェックイン時に現金で支払う。クレジットカードは利用できない。

比較的新しいワンルームマンションといった感じだが、掃除が別料金となるなど、ホテルのサービスとはすこし違う。1泊の場合は掃除料金は不要だった。

関連コンテンツ



-旅行, 沖縄

error: Content is protected !!