沖縄 飛行機・マイル

【2020年3月26日供用開始】那覇空港第2滑走路2,700m増設工事

更新日:

出典 内閣府

那覇空港は3,000m×45mの滑走路1本で運用しているが、年間利用者数は2,138万人(2018年)と全国6位となっている。

航空自衛隊と滑走路を供用しており、繁忙期には旅客機の離陸待ちが常態化していた。そのため、1,310m沖合に「2,700m × 60m」の第2滑走路を建設しており、2020年3月26日に供用を開始する。

滑走路増設により発着回数は現在の年間13.5万回から18.5万回に増加する予定だったが、飛行経路を分離することで年間24万回まで増加するとの報道もある。

 

2020年3月26日以降の運用方法

  • 第1滑走路(現行)を離陸優先
  • 第2滑走路(増設)を着陸優先

 

2019年4月撮影

新管制塔は2020年1月15日から運用を開始する。第一滑走路と第二滑走路の間に建設されており、高さは88mで羽田空港の管制塔(高さ115.7m)に次いで国内2番目の高さとなる。

 

那覇空港第2滑走路増設計画概要

滑走路長さ 2,700m(第1滑走路は3,000m)
滑走路幅 60m(第1滑走路は45m)
埋め立て面積 160ha(現空港面積330ha)
第1滑走路との間隔 1,310m(オープンパラレル)
発着回数 年間5万回増加(13.5万回 ⇒ 18.5万回)
工事着工 2014年1月       (平成26年)
供用開始 2020年3月26日(令和2年)
総事業費 1,993億円(2,074億円という情報もある)

 

2019年4月撮影

2019年4月(第2滑走路北端の様子)

写真手前が現在の滑走路で、写真の奥が「第2滑走路(建設中)」

 

2019年4月(第2滑走路の南端)

 

 

第2滑走路増設工事は全6工区

出典 内閣府

那覇空港第2滑走路計画は全6工区に分かれる。

  • 滑走路部分は左から「1工区、2工区、3工区、4工区」
  • 既存空港との接続部が「5工区、6工区」

 

第2滑走路ができても発着回数は1.17倍?

那覇空港第2滑走路できても… 発着数わずか1・17倍 米軍機経路など障壁に

2017年7月2日琉球新報より引用

記事によると、第二滑走路が完成しても年間発着回数は18.5万回にしかならない。これは2015年の実績15.7万回と比較して1.17倍にしかならない。

第2滑走路の計画段階(2013年頃)の発着回数は年間13.5万回だったのでそれと比較すると18.5万回は1.37倍となる。

 

第2滑走路の増設効果が低い理由

  • 那覇空港北側に米軍嘉手納基地への空路が設定されており、民間機は飛行制限がある。
  • 旅客ターミナルから第2滑走路に行くのに第1滑走路を横断する必要がありる。
  • 自衛隊機の発着がある。

 

今後の構想

  • 新ターミナルビル建設構想

第2滑走路の増設効果を高めるため、旅客ターミナルビルを第1滑走路と第2滑走路との間に新設する案が浮上している。

しかし、2019年3月に国内線ターミナルと国際線ターミナルの連結ターミナルが開業したばかりで、10年以上先の構想かもしれない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


関連コンテンツ



-沖縄, 飛行機・マイル

error: Content is protected !!

Copyright© Mile-points.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.