ハイフロア アサインだけじゃない無料で得するホテル宿泊の裏技

ハイフロア アサインとは?

ホテル業界の専門用語で、ハイフロア(Hi-Floor)は「高層階」、アサイン(assign)は「 割り当てる」という意味で、「高層階の部屋を割り当ててください」ということになる。

「ハイフロアーアサイン(Hi-Floor assign)」という業界用語を知ってるホテル関係者あるいは、ちょっと難しい人と思われて、「いい部屋」を割り当ててくれる可能性がある。

 

実際の効果は?

ネット予約のとき、日本語で「高層階 希望」と書いた。

  • 確かに「高層階」であったが、角度的に眺望がよくない部屋だった。
  • 同じホテルで、何にも書かないで予約したときは「中層階で広い部屋」だった。

ホテルによると思うが「高層階=いい部屋」ではないということだ。

例えば、リゾートホテルの多くは、海側の「オーシャンビュー」と海の見えない「ガーデンビュー」の2タイプの客室がある。

単に「ハイフロアーアサイン」と書いたなら、「ガーデンビュー」になる可能性もある。

その場合は、「眺望のいい部屋希望」と書いた方がいいかもしれない。

結局、眺望が良くて広い部屋がいいのだが、両方かなうことは難しいと思う。したがって、自分の要望を具体的に書く方がいいと思う。例えば、昼間は観光でホテルにいないので眺望よりも広い部屋がいい場合は「広い部屋希望」書けばいいのではないか?

 

 

効果のあるホテル、曜日は?

リゾートホテルでは、チェックイン時に「1人1泊2,000円の追加料金で高層階にアップグレードできます」と勧められることがある。

そういう別料金を徴収するホテルでは無料アップグレードされる可能性は低い。

効果があるのは、高層階と低層階で料金区分のないホテルだろう。

また、週末よりも平日の方が稼働率が低いので無料アップグレードしてくれる可能性が高い。

特に日曜日チェックイン月曜日チェックアウトの日程は空室が多いこともあり、無料アップグレードしてもらえる可能性が高い。

テレビで「ハイフロアアサイン」と紹介されたが、使い慣れないホテル用語を使うより「日本語」で「高層階希望」あるいは「眺望のいい部屋希望」と書いた方が印象がいいと思う。

 

ホテルだけを予約した方が無料アップグレードしてくれる可能性が高い

同じホテルに「ホテルだけ予約した場合」と「飛行機とホテルのセットで予約した場合」の、どちらが無料アップグレードの可能性が高いか?

同じホテルに宿泊した結論から言うと

  • 「ホテルだけ予約した場合」は無料でアップグレードしてもらえた
  • 「飛行機とホテルのセットで予約した場合」はアップグレードしてもらえなかった

ホテル側から見れば、飛行機とセット販売の方が客室の販売単価が安いので、無料アップグレードはあまりしないと思われる。

もちろん、ホテルと飛行機を別々に予約すると一般的には値段が高くなってしまう。

しかし、ネット宿泊予約サイトでは頻繁にタイムセールを行っているので、そういう期間に予約するといい。

また、航空機はANAとJALともに「1万マイル」で本人は往復無料で同行者は片道約1万3000円(往復約26,000円)で羽田~札幌に行けるマイルサービスを実施している。

スカイマークの「ダッシュいま得」運賃なら羽田~宮古(下地島)を7,800円~で販売している。

 

権限のあるフロントスタッフのところに行くべき

大きなホテルチェーンの場合、フロントのスタッフには派遣社員や正社員など様々な人がいる。

それぞれ、アップグレードできる権限があるので、より大きい権限をもつスタッフのとことに行った方が無料アップグレードしてくる可能性が高い。

 

権限のありそうな男性スタッフのところでチェックイン

沖縄旅行のとき、最初の1泊と最後の1泊を那覇の同じホテルに宿泊した。

  • 初日は「男性スタッフ」に受付してもらって「無料でエグゼクティブフロア」と「レイトチェックアウト」してもらった。
  • 最終日は「若い女性スタッフ」に受付してもらったが「レイトチェックアウト」すらも拒否された。

同一旅行日程で同じホテルに宿泊したのだが、男性スタッフと若い女性スタッフでは対応が全く違っていた。

一般に男性スタッフの方が正社員率が高く、権限が大きいのだろう。もちろん、男性でも派遣社員の場合も多いので、100%ではない。

しかし、チェックインカウンターでは年配の男性スタッフのいるカウンターに行った方がアップグレードしてもらえる可能性が高いのではないか?

 

年会費無料のホテルポイントカードに入会する

各ホテルは年会費無料のポイントカードを発行しており、頻繁に利用すると無料アップグレードしてくれる場合がある。

IHGリワーズクラブ カードを使ってみた

One Harmony card を使ってみた

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました