楽天ポイントが使えない店舗で、楽天ポイントを使う方法

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

楽天ポイントを貯めても、店舗で使えないことがある。

しかし、楽天ポイントが使えない店舗でも楽天ポイントを使う方法がある。

それは、楽天銀行の口座を開設し、楽天銀行デビットカードで「楽天ポイントを利用」と設定するだけ。

あとは、店舗で楽天銀行デビットカードで支払いをすると、自動的にポイントが利用される。

例えば、楽天ポイントの残高が1000ポイントの場合、1500円の買物をすると1000ポイントが利用され、残り500円は銀行口座から引き落とされる。

但し、楽天キャッシュは利用できない。

 

楽天銀行デビットカード

  • デビットカードは、支払代金が銀行口座から即時に引き落としされるカードで、16歳からお申込可能。
  • 楽天銀行デビットカードでは、1回の利用につき、最低50ポイントから利用できる。
  • 1ポイント=1円として利用できる。
  • 「楽天ポイントを利用」と設定するだけ。店頭でポイントを利用すると言わなくてもいい。

 

楽天銀行デビットカードの特徴

  • 1日にデビットカードで利用いただける上限金額を1,000円単位で設定できる。
  • 楽天銀行デビットカードは、ブランドを問わず、利用額100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まる。(還元率1%)

 

楽天銀行デビットカードの種類

種類 年間費 ポイント還元率
楽天銀行デビットカード(Mastercard) 年会費無料 利用100円ごとに楽天ポイントが1ポイント
楽天銀行デビットカード(JCB) 年会費無料 利用100円ごとに楽天ポイントが1ポイント
楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa) 年会費無料 利用100円ごとに楽天ポイントが1ポイント
楽天銀行シルバーデビットカード(Visa) 2,200円 利用100円ごとに楽天ポイントが1ポイント
楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa) 5,500円 利用100円ごとに楽天ポイントが1ポイント
  • 楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)は、ショッピング保険が付帯する。
  • 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)は、ショッピング保険、国内旅行/海外旅行傷害保険(利用付帯)が付帯する。

 

error: Content is protected !!