ショッピング ネット情報

バレンタインデー 上司に贈りたいセンスのいいチョコレート・ショコラ

2017/06/07

2017年のバレンタインデー(2月14日)は火曜日

2月11日(土曜日)、2月12日(日曜日)にチョコレート・ショコラを買うことになるだろう。

2017年2月のカレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19

どんなチョコレートがいいか?

最近は、会社でバレンタインデーにチョコレートを贈ることを禁止にするところもある。しかし、約6割のOLが職場で上司や同僚にチョコを贈るようだ。

数百円で社内の人間関係にメリットがあれば、贈る価値があるかもしれない。

義理チョコであっても、少しでもセンスのいいものを贈りたい。でも、本命チョコと勘違いされても困る。特に上司に贈るチョコは悩むことが多い。

義理チョコの予算は?

職場での義理チョコの予算はどれくらいなのか?

予算
500円以下 50%
1,000円以下 30%
3,000円以下 10%
5,000円以下 10%

1人で贈る場合、同僚への義理チョコの予算は500円~1,000円がほとんどで、500円を少し超える程度が多い。

3,000~5,000円は複数のOLで共同で贈る場合と考えられる。

上司に贈るチョコの予算は1000円程度

上司に贈るならやはり1000円程度のチョコレートを贈る人が多いようだ。

ハート型は誤解される可能性があるので避けるべきだ。できれば、贈り先である上司の家族全員で食べれるようなチョコレートがいい。

つまり、男性上司へ贈る場合でも実際に食べるのは、その上司の妻や子供であることが多い。したがって女性受けするチョコレートがいい。

チョコレートは近代ヨーロッパでは上流階級の飲み物だった

17世紀にカカオがヨーロッパに伝わった。当時、チョコレートは貴重なものでヨーロッパの上流階級が飲み物だった。

固形のチョコレートが普及するのは約200年前からだ。

そういう歴史のあるヨーロッパのチョコレートブランドはやはり人気が高い。

忙しくて買い物に行けない

ロハコ(LOHACO)なら、注文して翌日に配達されるので便利。1,900円で送料無料となる。

ディーン&デルーカ、GODIVA(ゴディバ)のチョコレートも1,000円台から購入できるので2つ買えば、1,900円以上となって送料が無料となる。もちろん、日用品と一緒にチョコレートを買ってもいい。

アンテノール(ANTENOR) ショコラ・マローネ(冬季限定)

本命チョコはヨーロッパブランドがいいかもしれないが、国内メーカーのチョコレートの品質も向上している。

アンテノール(ANTENOR)のチョコレートはデパートで入手できるのでいい。

チョコレートコーティングのお菓子で中身はブランデー漬けのイタリア産マロングラッセが入っている。

濃厚な味で、甘めのチョコレートだと思うので、甘いのが苦手なひとには向いていない。

しかし、その甘さがあるので、1個で満足感がある。賞味期限は60日なので、前もって購入するのに都合がいい。

ショコラ・マローネ 4枚入 税込¥1,188(本体価格¥1,100)

アンテノール(ANTENOR) ショコラ・マローネ

 

関連コンテンツ



-ショッピング, ネット情報

error: Content is protected !!