【一眼レフ・スマホ】写真の保存・バックアップ方法・容量【外付けHDD・NAS・クラウド】

バックアップ方法(外付けHDD・NAS・クラウド)
バックアップ方法内容
NASLAN経由で24時間365日稼働・知識が必要・高額
外付けHDD据置型(3.5インチ)電源が必要・衝撃に弱い
ポータブル型(2.5インチ)電源が不要・衝撃に強いモデルもある
クラウド月額有料の場合が多い

バックアップ方法としては、NAS、外付けHDD(3.5インチ・2.5インチ)、クラウドが考えられる。

ブルーレイは、HDDよりも長期保存に適しているが、データ量は最大100GBで1枚に1~2年分くらいしか保存できないのであまりお勧めではない。

しかし、HDDは衝撃に弱く高さ1mくらいから落下させると故障することが多く、耐久性も3年~5年と言われる。

結局、HDDに2重(あるいは3重)に保存し、HDDが故障する前(例えば5年毎)に買い替えるのがいいと思われる。

 

NAS

結論から言うと、NASは24時間365日稼働するための冗長性はあるが、バックアップに向いていない。

例えば、RAID1(ミラーリング)は、2つのHDDに同じデータを書き込むので1つのHDDが故障しても、もう一つのHDDにデータは保存されていて、一見バックアップできているように思える。

しかし、NAS本体を落下させると2つのHDDが同時に故障することもあるし、NAS自体が故障してしまうとHDDからデータを取り出せないこともある。

さらに、最初はRAID1の設定できても、3年後に故障したとき復旧ミスをして2つのHDDのデータをすべて消去してしまうこともある。

したがって、24時間365日稼働する必要がないならNASはお勧めではない。それでも、NASを利用するのなら、外付けHDDかクラウドにバックアップをとる必要がある。そうなると3台のHDD(または2台のHDD+クラウド)合計3つのディバイスが必要になる。

また、NASはLAN経由で接続するのでUSB3.0よりも転送速度が遅くなる。データ量が1TB以上になってくると外付けHDD(USB3.0接続)よりも30分~1時間も遅くなることがある。

 

外付けHDD

外付けHDDはその都度バックアップをとらないといけないので面倒だが、現時点では一番のお勧め。

ただし、据置型(3.5インチ)は、高さ1mくらいから落下させただけで故障することがある。したがってもう一台のHDDにバックアップする必要がある。

つまり、最低でも2台のHDDが必要となるが、NASの場合は3台必要だし、NASよりもUSB3.0接続のHDDの方が転送速度は速い。

 

クラウド

月額無料のクラウドサービスもあるが、データ容量が多くなると有料になるし、無料サービスは数年後にサービスをやめることも多ので個人的はお勧めはしない。

だが、スマホで撮影したり、一眼レフで撮影してスマホに転送し、クラウドにバックアップするのは非常に簡単で便利だと思う。

 

お勧めのバックアップ方法

従来のポータブルHDD(2.5インチ)の容量は1TBが主流で容量が少なく、バックアップ容量が足りなかった。

しかし、2020年現在で、4TBのポータブルHDD(2.5インチ)が13,000円くらいで購入できるので、メインのバックアップに使えると思う。

比較的、衝撃に強いポータブルHDD(2.5インチ)を2台つかってデータを2重にバックアップするのがいいと思う。

2台購入すると26,000円くらいになるが、写真データを故障したHDDから復旧してもらうには20万円~30万円かかるので、重要なデータがあるなら2万円~3万円は必要な投資だと思う。

 

NAS用HDDは必要か?

HDDと言ってもPC用とNAS用があり、NAS用の方が1.5倍~2倍高い。NAS用は24時間365日稼働を前提としているので熱耐久性が高い。

一般的ユーザーであれば、NAS用HDDを1台購入するよりも、PC用外付けHDDを2台買って2重バックアップして故障する前に、3年~5年毎に買い替える方が経済的でいいと思う。

東芝 Canvio 4TB USB3.2(Gen1)対応 ポータブルHDD PC/TV対応 バッファローサポート 国内メーカー 故障予測 外付け Mac ブラック HD-TPA4U3-B/N

新品価格
¥13,480から
(2020/4/22 13:08時点)

年間データ量/バックアップ容量
ユーザー属性年間データ量バックアップ容量
一般的なユーザー50GB~100GB1TB
ハイアマチュア100GB~200GB2TB~4TB
動画をよく撮影する人500GB~1TB6TB~10TB

デジカメ・スマホの1枚当たりのデータ量は2MB~5MBで年間5,000枚撮影すると10GB~25GBとなる。

一般的な使い方なら余裕を見ても年間データ量は50GB~100GBなので、10年分として1TB程度の容量があればよい。

動画をたくさん撮影する人なら、10年分として6TB~10TBくらいデーダ容量が必要と思われる。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました