【OLYMPUS】オリンパス OM-D E-M10 Mark4 2020年9月25日海外発売【後継機 デジタルミラーレスカメラ】

オリンパスのエントリーモデル「OM-D E-M10 Mark4」が海外で正式発表され、2020年9月25日に海外で発売される。

 

オリンパスのOM-Dシリーズのラインナップ

  • エントリーモデル OM-D E-M10
  • ミドルモデル   OM-D E-M5
  • ハイアマチュア  OM-D E-M1

「OM-D E-M10 Mark4」はエントリーモデルとなるが、画素数は上位機種と同等の2,037万画素になり、コントラストAFの動体追従性能も改善され、基本性能はかなり高くなった。

ただ、「OM-D E-M10 Mark3」から劇的に進化したわけではなく、「動きもの」をあまり撮影せず、「自撮り」もしない人は「OM-D E-M10 Mark3」も十分選択肢になりえる。

以下は海外サイトの情報です。

OM-D E-M10 MarkⅣOM-D E-M10 MarkⅢOM-D E-M5 MarkⅢ
価格699ドル(約7万5000円)約5万円約10万円
有効画素数2,037万画素1,605万画素2,037万画素
手ぶれ補正4.5段4.0段5.5段
EVF236万画素(OLED)236万画素(OLED)236万画素(OLED)
AF測距点121点(コントラストAF)121点(コントラストAF)121点(位相差AF・コントラストAF)
動画4K30P
重量335g(ボディのみ)/383g(バッテリー・SDカード含む)362g(ボディのみ)/410g(バッテリー・SDカード含む)366g(ボディのみ)/414g(バッテリー・SDカード含む)
  • 有効画素数が、ミドル機種「OM-D E-M5 MarkⅢ」と同じ2,037万画素
  • 手ぶれ補正が従来機種の4.0段から4.5段に進化
  • コントラストAFの動体追従性の向上
  • TruPic Ⅷプロセッサーだが、顔・瞳検出にも対応
  • ボディ単体の重量は従来機種から約27g軽量化
  • USB充電に対応
  • 1秒に15コマの連射撮影
  • 背面チルト液晶は180°回転するので、自撮りに便利

 

OM-D E-M5 MarkⅢと比較すると、AF方式がコントラストAFのみという違いがあるが、限りなく近くなっている。エントリークラスミラーレスカメラとしては、魅力的なスペックと思われる。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました