【OLYMPUS】オリンパス OM-D E-M10 MarkⅣ 2020年9月18日国内発売【後継機 デジタルミラーレスカメラ】

オリンパスのミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M10 MarkⅣ」が2020年9月18日に国内発売が開始された。

 

オリンパスのOM-Dシリーズのラインナップ

  • エントリーモデル OM-D E-M10
  • ミドルモデル   OM-D E-M5
  • ハイアマチュア  OM-D E-M1
  • 「OM-D E-M10 MarkⅣ」はエントリーモデルとなるが、画素数は上位機種と同等の2,030万画素になり、コントラストAFの動体追従性能も改善され、基本性能はかなり高くなった。
  • ただ、「OM-D E-M10 Mark3」から劇的に進化したわけではなく、「動きもの」をあまり撮影せず、「自撮り」もしない人は「OM-D E-M10 Mark3」でも十分選択肢になりえる。

 

スペック比較
OM-D E-M10 MarkⅣOM-D E-M10 MarkⅢOM-D E-M5 MarkⅢ
価格(ボディのみ)約8万5000円約4万5000円約10万円
価格(レンズキット)約11万円約5万円約12万円
有効画素数2,030万画素1,605万画素2,037万画素
手ぶれ補正4.5段4.0段5.5段
EVF236万画素(OLED)236万画素(OLED)236万画素(OLED)
AF測距点121点(コントラストAF)121点(コントラストAF)121点(位相差AF・コントラストAF)
動画4K30P4K30P4K30P
重量335g(ボディのみ)/383g(バッテリー・SDカード含む)362g(ボディのみ)/410g(バッテリー・SDカード含む)366g(ボディのみ)/414g(バッテリー・SDカード含む)
  • 有効画素数が、ミドル機種「OM-D E-M5 MarkⅢ」とほぼ同じ2,030万画素
  • 手ぶれ補正が従来機種の4.0段から4.5段に進化
  • コントラストAFの動体追従性の向上
  • TruPic Ⅷプロセッサーで、顔・瞳検出にも対応
  • ボディ単体の重量は従来機種から約27g軽量化
  • USB充電に対応(給電しながらの撮影はできない)
  • 1秒に15コマの連射撮影
  • 背面チルト液晶は180°回転するので、自撮りに便利
  • ボディ内でパノラマ写真を合成(従来はPC上で合成)

 

OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M10 MarkIII EZダブルズームキット ブラック

新品価格
¥49,800から
(2020/8/27 10:24時点)

OM-D E-M10 MarkⅣは、AF方式がコントラストAFのみという違いがあるがOM-D E-M5 MarkⅢにかなり近くなっている。

しかし、OM-D E-M10 MarkⅢのダブルレンズキットが5万円台で購入できるので、コスパを考えるならOM-D E-M10 MarkⅢを買う選択肢も間違いではない。

また、ソニーのα6400は、ボディ内手ぶれ補正がないが、オートフォーカスも速く、ダブルレンズキットの実売価格は12万円となっている。

OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M10 MarkIVボディー シルバー

新品価格
¥87,120から
(2020/8/26 07:55時点)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました