旅行

【日産】ノートe-POWER が沖縄レンタカーに登場【Nissan note】

JALダイナミックツアーの1日500円の「いち押しレンタカー」を申し込んだら、「日産ノートe-POWER」の新車(2018年3月登録)だった。

「ガソリン車」や「普通のハイブリッド車」と若干違うので、注意が必要。
スポンサーリンク


「日産ノートe-POWER」は、ガソリンエンジンと電気モーターを搭載する「ハイブリッド自動車」の一種だが、ガソリンエンジンは発電専用で「電気モーター」だけで走行する。

運転モードにより回生ブレーキが違う

回生ブレーキとはガソリン車のエンジンブレーキのようなもので、減速時に電気モーターがブレーキの役割を果たす。しかし、この「回生ブレーキ」は運転モードによって「効き」が違う。

  • NORMALモード  回生ブレーキの「効き」は弱い
  • Sモード             回生ブレーキの「効き」は強い
  • ECOモード         回生ブレーキの「効き」は強い

最初は「NORMALモード」で、フットブレーキを使用すると、ガソリン車と違和感がない。

「Sモード」と「ECOモード」の場合、アクセルを離すと「回生ブレーキ」が強く「効き」そのまま停止する。

クリープ現象は発生しない

「Sモード」と「ECOモード」に設定している場合、アクセルを離しただけで「回生ブレーキ」が「効き」そのまま停止する。

この時、オートマチック車であれば、「フットブレーキ」を離すだけで、車が前進する「クリープ現象」が発生するが、「ノートe-POWER」はクリープ現象は起こらない。

一度、停止した後にフットブレーキを踏むみ、その後フットブレーキを離せばクリープ現象が発生する。

コメント

最初は「NORMAL」モードで運転して、慣れれば、「Sモード」や「ECOモード」で運転すべき。

燃費

高速道路約100kmと一般道400kmでほとんどエアコン使用で燃費は24km/Lでした。

関連コンテンツ



-旅行

error: Content is protected !!