ホテル 沖縄

沖縄 那覇国際通り「CHC那覇ホテル」2019年11月竣工予定

2018/05/08

2018年4月撮影

台湾大手セメントメーカー嘉新水泥(嘉新セメント・台北市)のグループ会社「嘉新琉球開発合同会社」は、那覇市国際通りの「ホテルJALシティ那覇」近くに「CHC那覇ホテル(仮称)」を建設する。

2018年4月現在で、すでに着工しており、重機も稼働している。

スポンサーリンク


CHC那覇ホテル(仮称)物件概要

名称 (仮称)CHC那覇ホテル
所在地 那覇市松尾2丁目
用途 ホテル
敷地面積 4,805.81平米
建築面積 640.77平米
延床面積 26,570.72平米
構造 鉄骨造
階数 地上13階/地下1階/8棟
高さ 57.507m
建築主 嘉新琉球開発合同会社
設計 大和ハウス工業・浅井謙建築研究所
施工 熊谷組
着工 2017年11月1日
竣工 2019年11月30日

ホテルの客室数約260室で、延床面積は26,570.72平米なので1室当たりの延床面積は約100平米となる。

しかし延床面積の中にはレストラン、宴会場、チャペルも含まれる。

したがって、1室当たり30平米~40平米で、「ラグジュアリー(高級)ホテル」となる。

台湾旅行者は家族連れが多く、1室4名でも対応できるホテルの可能性もある。

また、国際通りという市街地の立地ながら屋外プールもあり都市型リゾートホテルとい言えるかもしれない。

さらに、チャペル、宴会場も設置され結婚式、披露宴にも対応できる。

アクセス(那覇 国際通り沿い)

スポンサーリンク



CHC那覇ホテル(仮称)フロア構成

5階~13階 客室(約260室)
4階 ダイニグレストラン・バー・ブライダル・チャペル
4階(屋外) プール
3階 SPA・フィットネス・更衣室
2階 宴会場・控室・会議室
1階 ロビー・ラウンジ
地下 駐車場(立体駐車場と合計155台)

ホテルスタッフは全体で約300人を想定しており、うち約3割・90人を台湾のスタッフで対応する。

さらに、親会社「嘉新」が台湾やイタリアのホテルスタッフとの人材交流も計画している。

那覇市国際通りのバス停付近(2018年4月撮影)

2017年9月 公道から撮影

関連コンテンツ



-ホテル, 沖縄

error: Content is protected !!