飛行機マイル

夏、お盆に飛行機事故・トラブルが多い理由

2017/08/13

ANA37便(全日空)が緊急着陸

2017年8月12日、羽田空港発ー伊丹空港行の全日空(ANA)37便が、離陸15分後、与圧系統のトラブルのため、羽田空港に緊急着陸した。

日航ジャンボ機墜落事故

日航ジャンボ機墜落事故は1985年8月12日に発生した。今回のANA37便と同じく、午後6時、羽田空港発伊丹空港行だった。

 

お盆の時期に飛行機事故・トラブルが多い理由

夏は気温が高い

8月の最高気温は35℃になることもあり、アスファルトやコンクリート舗装された空港では40℃以上になっている。

しかし、飛行機が飛行する上空10,000mの気温は-50℃で、気温差は90℃にもなる。飛行機は金属でできているので温度差により膨張・収縮をする。

これが、飛行機の不具合の原因になることがある。

さらに、気温が高いと空気密度が低くなり、離陸滑走距離が長くなる。これも、飛行機に負荷がかかる。

 

乗客が多い

夏休みは乗客が多い。飛行機は満席になると、離陸重量が重くなり、エンジンに負荷がかかる。

普段より乗客が多いと、古い機材を運航に使うことが多くなる。就航から20年くらいの古い機材は整備されていても、不具合は多く発生する。

関連コンテンツ



-飛行機マイル

error: Content is protected !!