飛行機マイル

【650ER】ガルフストリーム「G650ER」の航続距離・性能

日本の河野太郎外相が、「外相専用機」として、アメリカのビジネスジェット機「ガルフストリーム G650ER」の導入を希望している。
スポンサーリンク


「ガルフストリーム 650ER」の性能

メーカー ガルフストリーム(Gulgstream)
機種目 G650ER
航続距離 13,890km
乗員 パイロット2名+予備バイロット1名+CA1名
全長 30.41m
全幅 30.36m
全高 7.82m
エンジン ジェットエンジン×2基
最高速度 982km/h
最高高度 15,545m
離陸距離 1,920m
着陸距離 914m
座席数 19名
価格 6,868万ドル(約77億円)

G650ERビジネスジェットの航続距離は13,890kmで、国産小型ジェット機「MRJ」の航続距離約3,380kmよりも長い。

  • 東京~NY        10,846km
  • 東京~ロンドン  9,576km

なので、東京からノンストップでニューヨークやロンドンに行ける。

 

G650ERの価格約77億円は高いか?

年間維持費を3億円とすると20年間の購入価格と維持費合計は137億円となる。

1年当たりだと6億8500万円となる。

年間20回利用するとして、1回当たりの費用は「3,425万円」となる。

 

定期便利用の飛行機代

外相はファーストクラスを使うだろうから、東京~NYのファーストクラス往復航空代金は約300万円、随行員15人がビジネスクラスに搭乗するとして1人約200万円で合計3,300万円となる。

 

チャーター便の費用

ビジネスジェットのチャーター料金は、飛行時間1時間につき200万円というのが相場だ。

東京~NYだと、往復25時間かかるので、チャーター料金は5,000万円は程度とかなり割高になる。

 

コメント

77億円のビジネスジェットなんて贅沢と思う。

一方で当ブログの試算では、現在の定期便の航空代金が随行員も含め3,300万円、ビジネスジェットの費用が3,425万円で、ビジネスジェットでもあまり変わらない可能性がある。

結局、今の外相団体の渡航費がいくらか公表しないと、「ビジネスジェット」が高いかどうか判断できない。

それをすると、ファーストクラス往復300万円が「贅沢」と言われて逆に河野外相の立場が悪くなるような気がする。

関連コンテンツ



-飛行機マイル

error: Content is protected !!