スマホデジタル

新型「MONO MO-01K」は買いか?ドコモ・スマホ

「MONO MO-01K」は、中国スマホメーカーZTE製で、前モデルからスペックが増強され、RAM3GB、ROM32GB、防水・防塵対応でAndroid 7.1搭載する。

NTTドコモの2017年冬モデルとして11月30日に発売され、価格は2万5272円(税込)となっている。

毎月1,500円割引になる「docomo with」の対象機種となっている。
スポンサーリンク



新旧モデルスペック比較

モデル MO-01K(2017年11月発売) MO-01J(2016年冬モデル)
OS Android 7.1 Android 6.0
ディスプレイ 5.0インチ(1280×720) 4.7インチ(1280×720)
CPU Snapdragon 435 MSM8940 Qualcomm MSM8952
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
カメラ 1,320万/500万 1,330万/490万
バッテリー 2,800mAh 2,440mAh
サイズ 142mm×69mm×8.9mm 136mm×69mm×8.8mm
重量 153g 138g
防水・防塵
おサイフケータイ × ×
指紋認証 × ×
ANTUTU 41,000 44,000

 

コメント

新型「MOMO MO-01K」は、RAM3GB、ROM32GBと増強されミドルスペックスマホと言える。中国製スマホながら防水・防塵対応は評価できる。

しかし、指紋認証もなく、おサイフケータイもないので、メインで使うにはやや不満があるかもしれない。

値段次第だが、SHARP「AQUOS sense SH-01K」ならば、RAM3GB、ROM32GB、防水・防塵、指紋認証、おサイフケータイなので、便利かもしれない。

関連コンテンツ



-スマホデジタル

error: Content is protected !!