【新型コロナ】BCG接種が有効ならば、沖縄で感染爆発の可能性

BCG接種をしている国では、新型コロナウイルスの死亡者は少ないという仮説がある。これが本当であれば、日本本土は1951年からBCG接種をしており、死亡者が欧米の100分になっていることの理由となる。

しかし、沖縄県では1965年から一部でBCG接種が始まったので、沖縄県の70歳以上の高齢者はBCG接種を受けていないと思われる。

 

新型コロナウイルスによる死者数

ジョンズ・ホプキンス大(2020年5月1日現在)など

国名人口死者数100万人当たり死者数BCG接種
アメリカ3億3700万人67,717人200人×
イタリア6,055万人27,967人462人×
イギリス6,750万人26,771人396人×
スペイン4,670万人24,543人525人×
フランス6,700万人24,087人359人×
日本1億2600万人517人4.1人
中国本土14億3000万人4,633人3.2人
香港740万人4人0.5人
台湾1,400万人6人0.4人
韓国5,100万人250人4.9人
シンガポール580万人15人2.6人
ベトナム9,640万人0人0人

欧米各国の100万人当たりの死亡者数は200人~500人だが、アジア諸国は0人~5人で約100倍も違う。

BCG接種有効説が正しければ、BCG接種を受けていない高齢者が多い沖縄で感染爆発の可能性もあると思う。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました